労働者派遣法について

派遣のお仕事には様々な職種、期間があります。単発のお仕事もあり、本業がある人の副業に適しています。

単発のお仕事なら派遣会社に登録

派遣のお仕事といえば事務職、とのイメージを持っている人もいるかもしれませんが、今は職種の制限も随分と緩和されていて、事務職に限らずいろいろあります。職種だけでなく、契約期間や勤務時間もいろいろです。7〜8時間のフルタイムもあれば、1日2〜3時間程度の短時間労働もあります。契約期間が半年でさらに更新の可能性があるもの、1日限りの単発のお仕事などもあります。日雇い派遣の原則禁止は決まりましたが、現在でも単発のお仕事はたくさんあります。平日はフルタイムで働き、土日のどちらかは単発で働く、という方法も可能です。

単発のお仕事をするなら、派遣会社に登録するメリットは大きいと思います。普通のアルバイトやパートなら、自分で探して面接等を受けなければなりませんが、派遣会社に登録すれば、仕事は会社が探してくれます。単発のお仕事であれば、面接もほとんどありませんので、都合が良ければその日に仕事に行くだけです。それだけで生活の糧とするのは不安定すぎますが、メインの仕事があって、副収入として単発の仕事をするのであれば、派遣というスタイルが最も手っ取り早いと思います。私も時々していますが、マンションのモデルルーム受付などのお仕事が時給も良くて気に入っています。

Copyright (C)2017労働者派遣法について.All rights reserved.